にゃんこの創作格言集


これまでの創作格言を、新しい順に掲載しています。


最新の5つだけを掲載して、過去の格言は古いものから消えていきます。たまに、見に来てくださいね!



読書の秋と言うけれど、小説はたくさん読むといいんだにゃー

 小説をたくさん読んでください。読めば読むほど、小説創作の基礎体力が身についてきます。ただし、自分の好きなジャンルだけではなく、いろいろなジャンルの、国内外、そして古今東西の、幅広い小説を読んでください。知らないうちに、小説力が身についてくるはずです。


題名は、半分は読者のものなんだにゃー

 題名は、読者に作品の面白さをアピールし、本を手にとってもらうという機能も持っているので、作家と編集者が共同で考えることもあります。そういう意味で題名は、作者のものでもあり、読者のものだとも言えます。読んでみたくなるような素敵な題名を考えましょう──にゃんこより


書き上げた、そのときから本当の創作が始まるんだニャー

 結末まで書き上げた。それで書き終えたと思わないでください。そこから推敲、加筆修正をしなければ、小説は完成しません。いま書き終えたものは、長いあらすじのようなものです。それに命を吹き込むのは、推敲と加筆修正の日々です。途中で諦めずに、納得のいくまで修正してください──にゃんこより


 

説明するのではなく、行動と会話で物語を進めるといいんだニャー

 小説は、報告書や論文ではないので、場の情況などは説明文のように書くのではなく、できるだけ行動と会話文で示してください。そのほうが読者は臨場感が味わえるし、物語にリアリティが出るからです──にゃんこより


とにかく楽しんで書こう。楽しみながら書かなければ、読者も楽しめないんだニャー

 小説を書くのは苦しいのですが、その先には大きな愉しみ(楽しみ)が待っています。だからこそ、苦しみも、楽しみの一部なのです。そうして書き上げた作品こそが、読者を楽しませるのです──にゃんこより


書き癖に注意してにゃん

 筆が進んでしまうと、つい、同じ言い回しが何度も出てきたりします。たとえば「である」や「誰々が言った」とかの言葉が繰り返し出てきたり。あるいは、冒頭に「僕は」が続いたり……。書き癖の内容は様々ですが、同じ書きかたが続くと、読者は文章が鼻について、読むことに疲れてしまいます。推敲するときは、書き癖のようなものが出ていないかもチェックしましょう──にゃんこより


書けば書くほど、書けるんだにゃー
 書かなければ書けない。それは当たり前のことですが、書けばどうなるかというと、書いているあいだに次の作品の構想が頭の中に生まれて、書き終えたとたん、もう次の作品が書ける状態になっていたりします。これを作家の書き書き連鎖(造語です)といいます──にゃんこより


どこから書きはじめるか迷ったら、話の中心から書くんだニャー

 小説の書き出しに迷ったら、話の真ん中から書いてみましょう。事件が起きている真っただ中、重要なことが進行しているその中心、作品の最も核になる部分。そこから書きはじめれば、読者の心を掴むことができるし、なにより自分が何を書こうとしているのかが、はっきりします。迷ったら、真ん中からですね──にゃんこより